So-net無料ブログ作成

今週の名言 : 遠山正道さん(株式会社 スマイルズ 代表取締役社長) [ビジネスパーソン (男性)]

スポンサードリンク




============


 未来の時限爆弾を


 埋め込もう!


============




無添加&食べるスープ

がコンセプトで、



女性を中心に大人気のお店

「Soup Stok Tokyo」



181229 遠山正道さん ②.jpg


商品にストーリーと、

元々の持ち主の



バックグラウンドを

添えて販売する

というスタイルで、



リサイクルショップ業界に

新風を吹き込んだ

「PASS THE BATON」



181229 遠山正道さん ③.jpg


など

数々の事業を展開する

株式会社スマイルズ。



冒頭の言葉は

その代表取締役社長である



『遠山 正道』

さんによるもです。



181229 遠山正道さん ①.jpg


学生の頃の遠山さんは、

ゼミだけではなく、



部活に遊びにと

とても幅広いメンバーと交流し

刺激的な時間を過ごします。



一方で

特に将来の夢を抱くこともなく

周りと同じように就職活動。



そして入社したのが

三菱商事でした。



大企業として知られる

三尾商事には



優秀な先輩がたくさんいて

大きなプロジェクトに関わり



充実感を感じながら

仕事にとりくんでいたものの



ある日ふと1つの疑問が

頭の中に浮かびます。



こうして毎日優秀な先輩について

仕事をしている自分は



もし仮にこの人たちが

いなくなってしまったら

何ができるのか?



日々言われるままの

仕事のスタイルでいいのか?



自分の夢って何だろう?



限られた人生

夢を持って生きていきたい。



こうして

意識のあり方に変化が

表れるようになります。



そこですぐに動いたことが2つ。



・自分の絵の個展を開くこと

・社内・ベンチャーを起こすこと



今までの生き方と180度異なります。



181229 遠山正道さん ⑤.jpg


そして

冒頭にも紹介したような



今や日本を代表する企業を

たくさん立ち上げられるに

至っています。



そんな遠山さんが

20代の若者に向かって

次のような発信をされています。



まずは「いまやりたいこと50個」を

書き出してみるっていうのを

おすすめしたいですね。



社会に出て、

それぞれがさまざまな仕事に就き、

いろんな役割を担います。



社会に出て仕事をし始めると、

結構あらゆることが



外的要因(データとか)を

きっかけとして

動きがちになるんです。



もちろん、

それはそれで正しいんだけど



外の理由だけに

目を向けてしまうのはとても危うい。



うまくいってるときは

それでいいけれど、



うまくいかないときも

外のせいになってしまい、



結果、

何も残らないってことに

なってしまうんです。



一方、

もし自分の体験とかを

きっかけにすることができたなら、



行きたい先は

ずっと見えている。



そうできたなら

思いをもってできると思うんです。



大人も、皆、

未来のことをやるのは不安です。

とても恐い。



だから自分なりの何か理由が

欲しいのです。



外の理由だけではなく、

内側の自分の理由。



だからいまのみんなには

「いまやりたいこと」

を書き出してみてほしい。



それはきっと将来、

何かを考えるときの



自分なりのきっかけを

見いだすヒントになる。



まだ見えていないけれど

見てみたい風景を



見つけ出すときに発動する

時限爆弾になってくれる。



ずっと先かもしれないけれど、

いま書きだしたやりたいこと」は



時空を超えて

そのときのあなたを



着火させてくれるものに

きっとなると思います。



181229 遠山正道さん ④.jpg


さて皆さんいかがでしょうか?



自分がやりたいこと50

自分の将来のために

ぜひ書き出してみませんか…





 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 

今週の名言 : 大塚朝之さん(猿田彦珈琲 社長) [ビジネスパーソン (男性)]

スポンサードリンク




=============


 自分の可能性を


 信じ切る!


=============




たった一杯で、幸せになる

そんなコーヒー屋になる



熱い想いを抱き

29歳の時、



東京・恵比寿でわずか8坪の

スペシャルティコーヒー専門店



「猿田彦珈琲」を

オープンさせた



『大塚朝之』

さんの言葉です。



181222 大塚朝之さん ①.jpg


中学生の頃の大塚さんは

決して素行が良い生徒とは言えず



不良少年の仲間入りを

しそうだった状況を見かねて



両親や学校の先生から

勧められるままに



中学を卒業と同時に

芸能界事務所の門をたたき

役者の道を目指します。



しかし現実は甘くはありませんでした。



オーディションを受けるも

なかなか簡単には合格しない日々



まさにエンドレスで

就職活動をしているような感じ。



どんなにあがいても頑張っても

誰も認めてくれない。



何も起きないという無風状態が

本当にしんどくてつらかった。



自分の存在価値って何だろう

と思い悩むことも多い日々。



大塚さんに対して

「人」としての教育を厳しくする

マネージャーとのケンカも絶えません。



181222 大塚朝之さん ④.jpg


精神的にもかなり病んでいた当時、

完全に心を閉ざしきった



大塚さんの拠りどころだったのが、

スターバックスでした。



人と違ったことをしたい

という意識が強く、



ホスピタリティーに溢れる

スターバックスのスタッフとの

雑談が唯一の楽しみでした。



そうした日々を過ごすうち、

次第にこんなグダグダした気持ちのまま




過ごす人生は

もったいないなと思えてきて、



本来の自分を取り戻すことが

できるようになっていきます。



大塚さんは

20代前半の当時を

次のように振り返られています。



思い返してみると、

何でもとりあえず頑張るのですが、



最後は

「まあ、どっちでもいいか」

と考えてしまう自分の甘さ、

弱さがあったなと。



だから、

オーディションも受からなかった。



もう少しハングリー精神を持って挑み、

そのつど自分に何が足りないのかを

把握していれば、



違った人生を送っていたかもしれないな

と思います。



181222 大塚朝之さん ②.jpg


その後、

役者になるという夢をあきらめ



人生をやり直そうと決意したときに

始めたのが

現在の猿田彦珈琲でした。



昔、自分を救ってくれた

スターバックスのように



たった一杯で、

幸せになるコーヒー屋

を目指します。



大塚さんの20代での

紆余曲折が

今の猿田彦珈琲の源泉、力の源。



だから珈琲はおいしいし、

店内の居心地もいい。



そんな大塚さんが

20代の若者に向けて次のような

発信をされています。



20代の僕はうぬぼれや

自意識過剰さはありましたが、

自分を信じ切れていなかった。



だから何をやっても中途半端で、

大きなチャンスを

目の前で失ったんだと思います。



今はそんな20代の頃の

自分への自戒もあって、



どんな時も

自分を信じて

死ぬ気で頑張ろうと思っています。



あと相手のことも

信じないといけません。



相手をちょっとでも疑う

気持ちがあると、



相手も自分を

信じてくれないので

こちらの思いも伝わらない。



そのことも俳優をやる中で

学んだことです。



だから、

なんだかんだいって



20代での経験はすべて、

その後の人生に

生きてくるんですよね。



うまくいかなくてつらくても、

それがいつかは役に立つ

と信じることも大切です。



181222 大塚朝之さん ③.jpg


自分の可能性を信じて、

前を向いて歩み続ける!



皆さんも、

大塚さんのような

人生を歩んでいきませんか…




 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

今週の名言 : 松岡由起子さん(一般公認会計士・税理士) [ビジネスパーソン (女性)]

スポンサードリンク




============


 この道を選んだ自分を


 好きでいよう!


============




高校在学中に出産し、

そのまま結婚。



21歳でシングルマザーとなり、

仕事と家事や育児を

なんとか両立させながら、



27歳の時、

超難関といわれる国家資格

公認会計士試験に合格。



監査法人での勤務を経て、

31歳で独立し

今、大活躍されている



『松岡由起子』

さんの言葉です。



181215 松岡由起子さん ①.jpg


奈良県の田舎育ち。

門限は夜19時。



特にこれといった夢もなく

とにかく自由になりたい

将来は東京に出たい。



こんな思いを抱いていた

高校時代のとある日、



由起子さんに

大きな転機が訪れます。



それは、妊娠。



両親が大反対する中、

それでも必ず幸せになるからと

両親を説得。



生まれて初めて

自分自身で

大きな決断を下します。



しかし現実は

そう甘くはありませんでした。



夫の暴力もあり、

将来のことなんて

まったく考えられない。



21歳で離婚するまでは

毎日、子供が笑顔で

1日を終わればいいと、



ただそれだけを思って

日々の生活を送ります。



将来の希望が見えない

将来が不安



離婚後のこんな状況の中、

由起子さんが考えていたこと。



それは、



こうして母親になることも、

この子を絶対に守ると

決めたのも自分だし、

そこだけは逃げちゃいけない。



そして、

「かっこいい自分であろう」

「かっこいい母親であろう」

と心に誓います。



181215 松岡由起子さん ②.jpg


まずは

高校時代~結婚生活の中で

少しずつ続けていた

簿記の勉強を再開



簿記1級に見事合格すると

次は公認会計士の勉強をスタート



まるで

自分に暗示をかけるかのように



子育てしながら

仕事をしながら

勉強している私って

かっこいい



自分のことを

そう思うようにしていたとか。



朝4時過ぎに起きて勉強し、

息子を自転車で保育園に送って。



仕事の合間にも勉強し、

仕事が終わったら

迎えてに行って、



ご飯、お風呂を済ませて

寝かせたら、

また夜中に勉強して……。



正直言うと、

公認会計士の勉強をしている時は

子育ても含めて本当に苦しかった。



最愛の子供からも

次のような言葉をぶつけられます。



「お母さんがすごい資格を

取らなくてもいいから、

もっと近くにいてほしい」



2度の試験失敗の後

これが最後と覚悟を決めた



3度目の試験で

見事に合格を果たします。



優秀な大学を卒業した

合格者たちとも

同じ給料をもらえることに。



181215 松岡由起子さん ④.jpg


こうして

由起子さんの生き方を見てみると



思わずプレッシャーが

かかってしまうような場面でも



楽しく前向きに

生きようとしてきたことがわかります。



結局はどんなことであれ

全ては自分が選んだ道



これは

後悔しない道を

選ぶということではなく



選んだからには、

後悔しない。

ということ。



その選択をした 自分を

好きでいよう。

ということ。



つまり

かっこいい自分 でいよう

ということ。



181215 松岡由起子さん ③.jpg


由起子さんは

20代の若者に向けて

次のような発信をされています。



いろいろな選択肢の中から、

自分の選んだ道を

「好き」

と言えるか、どうか。



苦しい道も、

不安な道も、

逃げる道も、



その選択をした自分のことは

好きでいて欲しいんです。



そうしたら

10代より20代、

20代より30代の

自分を好きでいられる。



私も常に自信が

あるわけじゃないんですけど、

好きなんですよ、

悪いところも含めて。



勉強してる自分も、

マシーンみたいでしたけど、好き。



めっちゃ綺麗に

ロッカーに教科書並べて

「かっこいい、私」

と思っていましたもの(笑)。



181215 松岡由起子さん ⑤.jpg


さて皆さんはいかがでしょうか?



どの道も自分で選んだ道。

本当にこの道で

良かったのかと悩む前に



まずは由起子さんのように

その道を好きになるように



自己暗示と行動を

積み重ねていきませんか…




 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

今週の名言 : 経澤香保子さん((株)キッズライン代表取締役) [ビジネスパーソン (女性)]

スポンサードリンク




============


 人生を、


 味わいつくす!


============




慶應義塾大学

経済学部を卒業後、



(株)リクルート

(株)楽天



などで社会人としての経験を

積んだのち、



2000年

トレンダーズ(株)を創業



2012年

当時としては女性最年少での

株式上場を果たし、



現在でも

日本を代表する女性経営者として

活躍されている



『経澤香保子』

さんの言葉です。



181218 経澤香保子さん①.jpg


このように紹介をすると

香保子さんは



これまで順風満帆な人生を

送ってこられたかのように



思われる方もいらっしゃるかも

知れません。



しかしながら

真実はまったく異なり



2度の離婚

最愛の子供との死別

など



厳しく辛い経験が

今の香保子さんの生き方に

大きな影響を及ぼしています。



そんな中

現在はシングルマザーとして



2人のお子さんを育てながら

社長として

活躍をされています。



181218 経澤香保子さん②.jpg


そんな香保子さんが

今を生きる若い世代の方々に



向けて次のような

発信をされています。



人生のパートナーは他でもない、

自分自身です。



他人の言うことを

気にしすぎる人もいますが、



言ったほうは無責任なもので、

言った瞬間に忘れているはず(笑)。



それを悩み続けて発酵させ、

腐らせていたら時間がもったいない!



また同じことを 悩み続けていると

心が疲れて



消耗しちゃう気がするから、

できるだけ考えないこと。



ネガティブな言葉は使わず、

人と会話するときも

できるだけユーモアを忘れない。



つまり、

自分の人生を味わいつくす

ということですね。



181218 経澤香保子さん③.jpg


さて皆さんはいかがでしょうか?



周りの目ばかりを

気にしすぎていませんか?



日々の生活の中で

知らず知らずのうちに



ネガティブな言葉の比率が

高くなっていませんか?



皆さんも

香保子さんのように



ポジティブに

人生を味わいつくす。



そんな生き方をしてきませんか…



181218 経澤香保子さん④.jpg


<おまけ>



2度の離婚を経験したからこそ

結婚相手を選ぶときに

大切にしたいこととして



次のように

語られています。



私自身もかつてそうだったのですが、

彼に愛されるためにとことん“尽くす”、

“弱みを見せない”タイプでした。



日本女性に多いと思います。



でも、

もし結婚を考えている

パートナーが既にいるなら、



仕事でも

プライベートのことでも、



どんどん悩みを相談して、

自分の本音を見せるように

した方がいいかも。



もちろん解決するのは自分ですが、

その回答次第で、



その人の価値観と

自分の価値観が

合うかどうか見えると思いますよ。



仕事も結婚も。

両立生活を快適に続けたいなら、



妻をコントロールしようとせず、

妻が選ぶ生き方を



尊重してくれる夫かどうかを

事前に見極めておいた方がいい。




 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

今週の名言 : 河井美咲さん(アーティスト) [その他]

スポンサードリンク




============


 もっと、


 下手になりたい!


============



NYやボストンの

名だたる美術館での

個展経験を持ち、



ユニークな北欧雑貨で知られる

「フライングタイガー コペンハーゲン」



おしゃれな家具を世界展開する

「IKEA」



とのコラボレーション商品で

今、大注目のアーティスト



『河井美咲』

さんの言葉です。



181201 河井美咲さん ①.jpg


美咲さんは現在、

3歳の娘:歩虹(ポコ)ちゃんと

アメリカ人の夫との三人家族。



京都に拠点を持ちながらも

1年の大半は海外での旅暮らし。



つまり、

旅するアーティスト



今や世界的な人気となった

美咲さんの元には



世界中から様々なオファーが

舞い込んできます。



アメリカ

ポルトガル

韓国

デンマーク




その地に数か月単位で

滞在しながら



アートを生み出す

スタイルを貫いています。



181201 河井美咲さん ②.jpg


現地に入ってまずやることは

現地の空気にふれること。

現地を楽しむこと。



なぜなら美咲さんのモットーは

「ワクワク」しながら

創作活動をすることだから。



人は

年齢を積み重ねていくにつれて



キッチリしなくちゃ…とか

脳が固くなったり…とか



ほっておくと

だんだん狭い制約の中で

生きていくようになっています。



そんな人生はイヤだ。

子どもの時のような自由な発想で



「ワクワク」しながら

創作活動をしたい。



その「ワクワク」が

作品を見ている人の

「ワクワク」をさそい



その「ワクワク」している

お客さんの姿を見て、

また自分も「ワクワク」する。



そんなアーティストでありたい。



美咲さんは常々

「下手になりたい…」

ということを言われています。



この言葉の本質は、

大人になるに従って醸成されていく

「制約」をとっぱらって

楽しく生きていこう!

ということにあるのですね。



181201 河井美咲さん ③.jpg


美咲さんのアートは

海外の方がその知名度が高く



美咲さんの作品を見た

プロの芸術家たちからも

絶賛の声があがっています。



「日本人らしくない」

「Natural」

「生命力・愛・絆

「Happy」



世界を旅しながら

「ワクワク」「自分らしく」「楽しんで」

生きる。



とても素敵な

考え方・生き方ですね。



181201 河井美咲さん ④.jpg


ところで

皆さんはいかがでしょうか?



自分が楽しめる環境を

整えていますか?



ココロが「ワクワク」すると

自然と生活も豊かになっていきます。



皆さんも

自分の「ワクワク」を大切にする

人生を歩んでいきませんか…




 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)