So-net無料ブログ作成

今週の名言 : 柴野大造さん(ジェラート職人) [ビジネスパーソン (男性)]

スポンサードリンク




===========


 弱さに向き合い


 強くなる!


===========




「感動」

にこだわるジェラートに

魅了された人々が



日本全国から集まる店

「マルガージェラート」

のジェラート職人であり



イタリアで開催された

ジェラート界で最も権威のある

コンクールで



見事、

世界一の座を手にした

経験を持たれている



『柴野大造』

さんの言葉です。



1900907 柴野大造さん②.jpg


柴野さんは

牧場を経営する両親のもと

石川県に生まれます。



子どものころから

来る日も来る日も



牛糞のしまつや

牛の世話ばかり



行きたいところにも

まったく連れて行ってもらえず



あげくの果てに

両親の借金は増えるばかり。



正直こんな生活から

逃げ出したい。



こんな思いが

大造さんの心の中に

醸成されていきます。



将来は牧場を継ぐからと

ウソの理由を並べて



東京の大学にいくやいなや

解放感もあり遊び続ける日々



やがて大学を卒業して

実家に戻ってみると



借金はすでに

数千万円にまで増えていました。



それでも

牧場の仕事から逃げたかった

大造さんは



さらに800万の借金をして

牧場の一角で

ジェラート店を始めることに。



1900907 柴野大造さん①.jpg


しかし

素人同然に始めた店は

繁盛することはなく



さらに借金が

増えていくことに。



そんな時に

父親から牧場をたたむという

話を聞いたときに



 

父親がどんな思いで

これまで牧場経営に

こだわってきたのか



一日も休むことなく

最後まで情熱を燃やしてきた



父親の寂しそうな背中をみると

これまでの



自分の生き方に対して

猛烈に恥ずかしさを

感じるようになります。



自分を変えよう!

自分が家族を支えよう!



さらに借金を重ね

ジェラートの本場イタリアに

何度も足を運ぶ中で



大造さんの

ジェラートに対する

本気の情熱を感じた



本場の著名な

ジェラート職人が



大造さんに

惜しげもなく



自分のスキルやレシピを

伝授していきます。



1900907 柴野大造さん③.jpg


自分を変えよう!



と心に決めて

考動を変えた日から



少しずつ大造さんを

取り巻く環境が変わり



やがて世界を代表する

ジェラート職人へと

押し上げてくれました。



そんな大造さんが

常に自分に

言い聞かせていること



それは、

自分は天才じゃない。



ダメな自分

弱い自分

が内在している。



だからこそ

そんな自分に打ち勝って

本気で向き合わなければ



お客さんに感動なんか

与えることはできない。



人としての自分のあり方



こそジェラートで感動を

与えることができるか

どうかが決まる。



1900907 柴野大造さん④.jpg


感動にこだわる大造さんが

常々弟子たちに

伝えていることが あります。



それは、

知識やテクニックだけでは

人に感動は与えられない。



人に感動を与えるためには

知識やテクニックはもちろんのこと

心やあり方こそが大事。



自分の愛する人をイメージして

この人に喜んで欲しいと



思いながら

ジェラートをつくること



ジェラートに活用する

セロリやイチゴなど



地元素材の

生産者のこだわりや表情

土の香りや畑の景色、においなど



これらをきちんと

ストーリーにして

ジュラ―トをつくること



1900907 柴野大造さん⑤.jpg


さて皆さんは

いかがでしょうか?



知識や資格さえあれば

世の中で成功できる



と勘違いしている人は

いませんでしょうか?



知識や技術や

もちろん大切な要素ですが



それだけでは お客さんに

感動を与えることは

難しいかもしれません。



そう大造さんのように

知識やスキルに



人としての魅力や想いを

のせることで



あなたらしい充実した人生を

歩んでいきませんか。




 


    
   自分磨き ブログランキングへ


 




スポンサードリンク



タグ:ジェラート
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。